アルパ教室アルモニコ

アルパ教室アルモニコは下北沢駅前教室・松陰神社前(世田谷)教室・新小岩駅前教室・浦安駅前教室・通信講座があります。

無料体験レッスン

TEL 03-6310-8917 

アルパ 弦の張替え方法

<準備するもの>
右から:ハサミペンチ、ワインダー*爪やすり*(*無くても大丈夫です) 

1.切れた弦を外す
 弦の付け根にある“リベット”を外し、弦を抜きます。
 私は爪やすり*を使用。何を使っても良いです。

“ペグ”に残った弦もペグを回して緩めて、ペンチを使って外す。


2.弦を選ぶ
  高音弦は1st~3rdに分かれています。
  どの場所の弦が切れたか確認します。


3. 玉結びを作る
  弦が抜けないように玉結びを作ります。
  玉が小さいと抜けてしまいます。
  大きくて入らなければ、ペンチでぎゅっと引っ張り縮めて調整します。
  
  玉結びの先は数センチ残して切ってしまったほうが良いです。
  動画のだと、長いです。音がビビる原因になります。

   
  
4.弦を穴に入れて、リベットを挿す
  
  弦を入れたら、まずはリベットは挿し込まず
  弦を軽く引っ張ってみて、玉結びが引っ掛かっているのを確認します
  
  その後、リベットを挿し込みます。
  少し隙間があるくらいでも大丈夫です。

5.上に弦を通して、ペグの手前か奥に出す。
  
 空いている場所を確認して弦を通します。

  ペグの手前か奥に弦が見えたら、ペンチで引っ張り出します。
  出しにくい場合は、針金やストローを使うと簡単です。
  
  
  そして、他の弦に絡まっていないか上から覗いて確認します
  *他の弦に触れていると、チューニングしたときに、その弦まで一緒に動いてしまい
   音程が狂います。
 
  ペグの穴に弦を通したらペグを回して、弦が一直線になるようにします。
  (この時点ではどちらに回しても大丈夫です。)
  
  どの方向で入れたら良いか迷うかもしれませんが、どちらから入れても
  ペグを回してこのように一直線にすれば同じです。

  
  6.ペグを巻く
  ペグの穴に弦を通して、時計回り(音程を高くする方向)に巻きます。
  
  音程が合うまでひたすら指で回しても良いのですが、
  ワインダーというペグを回す道具を使うと楽です。
  ”ギター用ストリングワインダー”で検索すると見つかります。
  弦は引っ張ってから巻き始めます
  ゆるいまま巻き始めると、巻く量が増えて大変です。
   
  7.音程が合ったら、余分な長さを切って終わり
    お疲れさまでした!   
    
    
 
   しばらくはすぐに音程が下がってきます。
   とにかくマメに合わせましょう♪